ホーム 実施要項 お問い合わせ お知らせ・ご案内 賛同者・協力団体 スタッフ紹介 関西の保養キャンプ紹介
                         



「最新情報はblogで」





2021年度のキャンプ中止と今後の活動についてのお知らせ

 

〈2021年度のキャンプについて〉

新型コロナウイルス感染状況が落ち着くまで、福島にこちらから行くことも、福島からこちらに来てもらうことも極めて難しい状況であるため、今年の夏もキャンプの実施は見送ることになりました。

昨年実施したようなオンラインイベントは実施しませんが、交流のための試みとして、参加者やボランティアのみなさんに寄せていただいた一文を掲載した「たこやき通信」を発行したほか、スタッフからのメッセージ動画をYouTubeにアップしました。

年度の後半、状況が改善したら少し大がかりな同窓会の実施する、という案も出ています。


 

〈今後の活動について〉

コロナ禍後の活動について、まだ具体的なことは決まっていませんが、これまでのように十数日間、20余名の子どもたちの体験活動を中心に据え、福島で「中だこ会議」などを事前に行い子どもたちと一緒に作り上げていく、という従来のスタイルでの保養はいったん終えることになりました。

理由として、長い間キャンプの屋台骨を支えてきたスタッフの中には、事情でこれまでと同じようなかかわり方は難しいと表明している人も複数いるということなどがあります。

昨年延期し、今年中止となった通算10回目のキャンプは、一つの区切りという意味でも大切なものでした。その区切りのキャンプを実施できないのは残念ですが、なんらかの形で福島の子どもたちとの関わりを持ち続けていきたいという気持ちを、多くのスタッフが抱いています。福島ではコロナ後も続いていく難しい問題があり、保養のニーズや役割はまだまだあるのではないか。キャンプを通してできたつながりを大切に思っている親子もいる…。

そんなつながり、つながったみなさんの思いを大事にしながら、このコロナ禍を次のステップへの貴重な準備期間と捉え、新しい活動形態を模索したいと思っています。





明石であそうぼう!たこ焼きキャンプ リーフレット  リーフレットについて

夏の保養キャンプの様子をはじめ、たこ焼きキャンプのこれまでの活動が一目でわかる、子どもたちの笑顔いっぱいのリーフレットができました!
これまで、たくさんのご支援・ご協力・ボランティアの方々に支えられ、毎年の夏のキャンプを実施してきました。

さらに活動を支えていただくためにも、ぜひこのリーフレットを多くの方に見ていただきたいと思います。

手にとって読んでみたい、知人に渡したい。
こんな場所に置いてみたらどうだろうなど、ご興味をお持ちの方、大歓迎です。
お気軽にお問い合わせください。


リーフレットについてのお問い合わせはこちらまで。
090-9871-1419 メール:
takocamp@gmail.com




       

私の出会った原発災害
〜今、福島の子どもたちは〜

講師 大塚 愛さん(子ども未来・愛ネットワーク代表)

イベントは終了しました。
下記よりイベントの録画を視聴できます。


http://iwj.co.jp/wj/open/archives/109734





募金について。 
      
       寄付・支援金受付窓口

 キャンプの活動は個人・団体からの募金で成り立っています。
 福島を忘れないあなたの思いが、子どもたちの保養を支えます。


 ※募金は一口1000円からお願いいたします。


 福島からの交通費、宿泊代、食事代、ボランティア必要経費など、
 キャンプ実施に必要な経費に当てられます。
         

 もし残額が出れば、会の運営費と次年度以降のキャンプの準備金に
 充てさせていただきます。 
  

感謝をもって報告させていただきます。
会計報告掲載いたしました。



毎日放送のラジオ番組「ネットワーク1.17」こちらクリックしてご視聴ください。



毎日放送のラジオ番組
ネットワーク1.17」にて、
たこ焼きキャンプを紹介していただきました。

ご視聴はこちらからどうぞ。
 

8月3日(月)第973回
『福島の子どもたちを招く保養キャンプ2015』
取材報告:MBS 千葉猛アナウンサー


ご視聴はこちらからどうぞ。


 8月11日神戸新聞 明石版の記事です。
     神戸新聞に掲載された記事です。

ホーム / 実施要項 / お問い合わせ / お知らせ・ご案内 / 賛同者・協力団体 / リンク